アミノ酸が豊富に含まれている黒酢の力|高血圧や血行改善に効果的

男女

不老長寿のために

生薬

ジンセノサイドの効果

高麗人参は、不老長寿の妙薬として、古くから権力者たちに重宝されていました。不老長寿とは、老化現象を防ぎながら長生きすることですが、高麗人参になぜこのような効果があるのかというと、ジンセノサイドが多く含まれているからです。ジンセノサイドとは、高い抗酸化力を持つポリフェノールの一種です。老化現象は、細胞の酸化が大きな原因となっているので、ジンセノサイドの摂取で酸化が防がれれば、老化現象も起こりにくくなるのです。また、ガンも細胞の酸化によって発症が促されるので、ジンセノサイドの摂取で予防することが可能です。こういった効果が期待できることから、権力者たちは高麗人参を利用していたのです。昨今では高麗人参の健康食品が普及してきたため、権力者に限らず多くの人が、不老長寿に利用するようになっています。

ひげ根の十分な成長

ジンセノサイドは、高麗人参のひげ根の部分に特に多く含まれています。ひげ根とは、太い根から多く生えている細い根のことで、高麗人参はここから大地の栄養分を吸収しつつ、太い根や地上の茎や葉を成長させています。そのためひげ根は、栄養価が特に高いとされているのです。そしてこのひげ根は、高麗人参が育つ過程でどんどん増えていきます。栽培開始後1〜2年のうちは少ないのですが、5〜6年経過すると、本数が増えている上に、長く伸びています。その後は高麗人参は成長力を失っていくので、6年目に収穫したものが、最も高品質と言えます。したがって健康食品も、6年目に収穫した高麗人参を原料としたものを選ぶことが大事とされています。